プロミス

Pocket

プロミス

promise

限度額 実質年率 審査時間 年齢制限 保証人
1~500万円 4.5%~17.8% 最短30分 20~69歳 不要

プロミスは、CMなどでさかんに宣伝を行っているので、全国的によく知られた消費者金融です。各地に店舗やATMがありますので、気軽にどこでも申し込めるのが魅力となっています。いろいろなプランの特徴を打ち出していて、メリットが多いカードローンです。プロミスは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社という企業が運営を行っています。この会社は都市銀行としても大手のSMBCグループですので、安心度が違います。また、豊富な資金を背景に様々な利用者に便利なサービスを設定していますので、使いやすい商品となっています。

プロミスとはどんなローン?

プロミスは、大きな特徴となっているのが、30日間無利息での借入ができる(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)というものでしょう。30日以内に返済をしてしまえば、利息が一切かかりませんので、借りた後すぐに給料日が来るなどして、返すあてがあるケースでは大変助かるサービスですね。ちょっとした資金繰りをしたい時に気軽に使えますので、今まで消費者金融を使ったことがない方にも入りやすいのが魅力となっています。

申し込みの簡単さもこのプロミスの特徴でしょう。日本全国各地にATMや店舗が設置されていますので、スムーズに申し込み手続きができます。もちろん、インターネット上での手続きも可能になっています。必要事項を記入するだけの簡単さですし、専用アプリを使えばさらに楽に手続きを行えます。利用者の利便性を考えた手続きが一貫してありますので、使いやすいローンプランだと言えるでしょう。

プロミスのおすすめポイント

プロミスは、とてもアイデアあふれるサービスが詰まったローンプランを提供しています。特に、30日間無利息ローン(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)はプロミス独特のプランで、とても人気があります。このサービスは、最初に融資を受けてから30日が過ぎないうちに返済をしてしまえば、利息がいっさいかからないというもので、給料日前に急にお金が必要になった時などは、重宝するローンプランですね。利息がかからないので、懐をまったく痛めることなくローンを利用できます。

→申し込みが簡単で早く借りられる

申し込みの簡単さもプロミスの良いところだと思います。原則的には、50万円以下の申し込みなら収入証明書がいりませんので、特に面倒な手続きなしで申し込みが可能になっています。WEB上での申し込みはもちろんのこと、プロミス専用のアプリが作られていて、より簡単な手続きで融資を受け取れるようになっているのもポイントです。さらに、審査は最短30分には審査結果を知ることができます。待つことなく審査結果を知ることができるというのは、かなりうれしいサービスです。

その後の流れも速く、申し込みをしてから借入金の入金まで数時間で済むこともあります。申し込みをする時間によっては、その日のうちにお金を受け取ることができるのです。できるだけ早く資金が入り用になることもありますので、プロミスのこうした手続きの迅速さは大きな助けとなりますね。返済方法も複数の選択肢がありますし、どれも楽に入金ができるようになっていますので、利便性の高さが特徴と言えるでしょう。

プロミスの年率や借入限度額について

限度額 1~500万円
実質年率 4.5%~17.8%
返済プラン 残高スライド元利定額返済方式
1サイクルの最低支払金額 借入残高 ​30万円以下 借入後残高×3.61% (1,000円未満切り上げ)
借入残高 30万円超過~100万円以下 借入後残高×2.53% (1,000円未満切り上げ)
借入残高 100万円超過 借入後残高×1.99% (1,000円未満切り上げ)
増額返済 可能
総量規制 対象

プロミスのローンは、申し込みの簡単さやスピーディーさが売りで、気軽に利用できる人気の高いプランです。一方で、利息の年率などを考えると、それぞれのメリットを考えながら申し込みを検討した方が良いことを考えさせられます。プロミスの利息の年率は、4.5パーセントから17.8パーセントとなっています。かなり高いというわけではありませんが、他のカードローンと比べると若干高い印象を受けます。そのため、長い期間に亘って返済をしていこうと考えている場合や、他のローンからの借り換えをして債務をまとめようとするケースには不向きかと思います。

もっとも、こうした高目の金利であっても、30日間は無利息で借りられるというサービスがありますので、これを上手に活用すれば効果的です。すぐに資金が入るという見込みがあるのであればとても助かるプランで、長短期の融資にはもってこいのプランだと言えるでしょう。もちろん、30日が過ぎてしまえば、その時点で利息がかかってきてしまいますので、確実にこの期間内に返済できるように計画する必要があるでしょう。

→借入限度額は1~500万円

プロミスの借入限度額は1~500万円となっています。これもとても高くもなく低くもなく、というレベルの額でしょう。もちろん、プロミスは総量規制の対象となっていますので、年収の3分の1までしか借入ができません。限度額いっぱいの500万円まで借りようと思ったら、年収1,500万円以上必要となりますので、対象となる人は限られてきますね。

プロミスでの申し込みから借入までの流れ

プロミスは申し込み手続きが簡単で、迅速な対応がなされるということが特徴です。申し込みは店頭や電話、インターネット上で行うことができます。特にインターネットでの申し込みは利便性が高いでしょう。プロミスのホームページから申し込み画面に入ると、とても分かりやすいページとなっていて、必要な情報を記入するだけで手続きを完了できることになっています。本人確認書類の送付も電子的に瞬時にできるようになっていますので、自宅にいながらにして、またはスマホを使ってどこででも申し込みができます。

さらに、専用のアプリがありますので、それを使うとさらに便利さが増します。本人確認書類を送るのも、このアプリ上ならかなり簡単ですので、申し込みをより楽に、また早く済ませることができます。申し込みが完了すると、プロミス側で審査が行われます。申し込み融資額などによって異なりますが、基本的に審査は最短でなら30分でなされるので、かなり早く結果が分かります。その為、さほど待たされることなく借入ができるかどうかを知ることができます。

審査にパスすると、申し込みの時間によっては、すぐに指定した銀行口座への振り込みがなされます。オンライン上で口座の状態を確認できるのであれば、数分で振り込みがなされていることをチェックできるでしょう。最短即日融資ということを売りにしているカードローンは多くありますが、プロミスは分単位で申し込みから借入まで進んでいきますので、その速さはトップクラスです。

プロミスを利用するに当たっての必要書類や連帯保証人について


本人確認書類
運転免許証
パスポート
在留カード
特別永住者証明書
外国人登録証明書
50万円を越える、もしくは他社との利用残高の合計が100万円を超えるなら収入証明書 源泉徴収票
確定申告書
給与明細書
書類と住所が違う場合 国税または地方税の領収書または請求書、もしくは納税証明書
社会保険料の領収書または請求書
公共料金の領収書または請求書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

連帯保証人、担保は不要です。

簡単かつスピーディーな申し込みが特徴となっているプロミスでは、提出書類に関しても簡素化がなされています。希望する融資額によって、収入証明書は必要ありません。この書類は、源泉徴収票や所得証明書など、前年度の収入を示す書類のことで、役所などで書類の作成をしなければならないこともあります。そのため、こうした書類が不要なので、より楽に申し込み手続きを進めることが可能になっています。収入証明書が必要になるのは、融資額が50万円を越える場合や、他の消費者金融と合わせて100万円を越える借入となるケースです。少額の融資なら簡単申し込みができるのがうれしいところですね。

もちろん、運転免許証といった本人確認書類は、希望融資額に関わりなく必要になってきます。しかし、こうした書類はわざわざ店舗に行って提出する必要はありません。メールもしくはスマホのアプリを使って送信することができますので、とても簡単です。また、来店の手間と時間を省くことができます。そのため、融資額が少ないのであれば、すぐに申し込みを完了することができて、気軽に融資を利用できるようになります。もし、50万円を越える借入を希望するのであれば、申し込みをする前に書類を準備しておいて、効率よく手続きを済ませられるようにしておきましょう。

→原則連帯保証人や担保は不要

プロミスでは、原則連帯保証人や担保は必要ないことになっています。もし、連帯保証人が必要だと、なかなか保証人のなり手を見つけるのは難しいので、とても助かりますね。万が一、返済ができない場合は、提携している保証会社が保証人となって、債務を引き継ぐことになります。

プロミスの審査方法や審査時間について

最短審査時間 最短30分
年齢制限 20~69歳
連帯保証人 原則不要
担保 不要
総量規制 対象

とても便利で利用しやすいのが魅力の消費者金融ですが、すべての申し込み者が融資を受けられるというわけではなく、審査が行われ、それにパスした人だけが利用できます。そのため、審査がどのように行われるかを知るのは重要です。プロミスはとても申し込みが簡単で手続きが早く進みますので、気軽に申し込めるのがメリットとなっています。そして、申し込み後すぐに審査が行われます。ホームページからの申し込みだと、最短30分で審査結果が出ます。

ホームページ上で記入した内容に基づいて、審査が開始され、最短なら30分で完了します。申し込みをしても、審査に時間がかかり結果として審査に通らないと、無駄に時間を使ってしまうこともあります。その点、プロミスの迅速な審査であれば、最短30分で結果が分かるのでイライラしないで済みます。精神的な負担も少なく、手間もかかりませんので、とても便利なサービスですね。

審査方法としては、本人確認書類の提出はメールや専用アプリで送付できるようになっていますので、効率よく進めることができます。50万円以下の融資であれば、収入証明書も不要となっていますので、より迅速に審査を進められます。返済能力の確認のための過去取引履歴の照会もすぐになされますので、全体としてスピーディーな手続きが特徴となっています。

プロミスでの返済方法・返済期間について

実質年率17.8%で10万円を借り1ヶ月(30日として計算)ごとに32回で返済をする場合なら
返済回数 元金残高 返済金額 元金 利息
1回目 100,000円 4,000円 2,521円 1,483円
5回目 89,705円 4,000円 2,670円 1,330円
10回目 75,954円 4,000円 2,874円 1,126円
20回目 45,220円 4,000円 3,330円 670円
32回目 1,837円 1,864円 1,746円 27円

※追加借入のない場合であり、記載の金額は、毎月約定日払いの場合の返済金額です。

プロミスの返済方法は、残高スライド元利定額返済方式を採っています。これは、毎月一定額を払っていくわけですが、利息と元金の残高によってその額が変わってくるというものです。毎月同じ額でいいので、返済額が分かりやすくゆとりを持って払えるのがメリットとなっています。一方、返済期間が長くなって債務と長く付き合わなくてはならないという面もあります。もちろん、臨時収入があった時などは、繰り上げ返済が可能ですので、できるだけ返済期間を短縮できるようにすると良いかと思います。

プロミスはATMや店舗を全国各地に持っていますので、直接現金での入金をしたい時もすぐにできるというメリットを持っています。全国ネット店舗の強みと言えるでしょう。もちろん、自動引き落としやインターネットからの入金もできますので、面倒な手間を掛けたくないという人にも向いています。また、毎月の返済日付けは複数の日から選ぶことができますので、給料日に合わせて期日を選んで確実に返済を進められるようにプランを組めます。かなりフレキシブルな返済方法となっていますので、それぞれの都合に合わせて返済プランを立てられるのがうれしいですね。

→変動する最低限返済する必要がある額

返済期間としては、リボルビング払いが採用されていますので、借入の金額と毎月の支払額によって異なってきます。自動的に毎月の返済額が決められることが基本となっていますので、返済計画を立てるに当たって、どのくらいの期間をかけて完済されるのかしっかりと確認するようにしましょう。また、返済期間が長くなるだけ利息を多く払うことになりますので、臨時入金をするなどして、少しでも早く完済できるように意識しましょう。

プロミスに向いている方

プロミスはいくつものメリットを持っているカードローンですので、気軽に始められ便利なプランです。特に、30日間は無利息で借入を受けられるというサービスを提供していますので、短期間だけちょっとのお金を借りたいという人にはぴったりです。もちろん、この期間を過ぎると利息がかかってしまいますので、確実に期日までに返済できることが分かっているのであれば、上手に活用できますね。

→早く借りたいのなら

申し込みが簡単で審査がスピーディーという点も上げられるでしょう。初めて消費者金融を利用される場合は、どのような流れで手続きが進んでいくか分からず不安になるものですので、こうした簡単で早い対応は助かります。また、専用のアプリがあるなど、より簡単に利用できるのもうれしいところです。こうした点を考えると、消費者金融を使ったことがない人や初心者の方に向いていると言えるかと思います。返済も楽にできるように工夫されていますので、無理なく支払いを続けていくこともできます。

→返済を急がないのなら

のんびりとローンの支払いを続けていきたいという人にも向いているでしょう。元金と利息の残高に応じて毎月の支払い額が変わっていく返済方法となっていますし、定額の支払いですので、毎月の支払い分を確保するのが簡単です。多少返済期間が長くなってしまうという面もありますが、ゆっくりとゆとりを持って完済まで至りたいという人にはもってこいの方式でしょう。いろいろな利点がありますので、こうしたポイントを押さえて利用を検討しましょう。

プロミスのメリットとデメリットのまとめ

→メリット・手続きが簡単でスピーディー

プロミスは様々な特徴的なサービスを打ち出していて、メリットも複数あります。まず、申し込みや借入、返済方法など、全体的にとても手続きが簡単でスピーディーだということが挙げられるでしょう。WEB上で申し込みをすれば、一時間もしないうちに融資が受けられ、業界屈指の迅速さとなっています。返済もたくさん設置されているATMやインターネットで、気軽に入金できますので、スムーズに返済していくことができます。

また、プラン自体も魅力的なローンとなっています。その代表といえるサービスが30日間無利息ローンでしょう。ちょっとの期間だけお金が必要で、給料日が近いなどですぐにお金が入ってくる予定があるのであれば、かなり助かるサービスですので、ちょっとした時に使いやいものです。申し込みから融資までが早く、返済が簡単にできるという便利さも、このサービスのメリットを際立たせています。

→デメリット・金利が高め

プロミスのデメリットとしては、金利が高めに設定されているということでしょう。また、借入限度額もさほど高くはありません。こうしたことを考えると、複数のローンを一括化するというおまとめローンとしては向いていないことが分かります。さらに、返済方式として残高スライド元利定額返済方式を採っていますので、返済期間が長くなり利息を多めに払うことになるという点もあります。返済プランをしっかりと立てて、できるだけ早く返済を終えられるようにすると良いでしょう。

→まとめ

プロミスは各地に店舗やATMがあるため、気軽にどこでも申し込めるカードローンです。
初めての利用時には30日間利息がつかないサービスを実施しているので短期間だけちょっとお金を借りたいという人には適しています。


プロミス

promise

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする