カードローンの限度額を上げる方法

Pocket

construction-835437

カードローンはローンカードもしくはインターネットなどを使って、借り入れできるサービスをさします。いちいち借り入れをする時に申し込み手続きの必要がなく、何度でも借り入れできるのでお金に困った時に気軽に利用できると人気です。カードローンは何度でも借り入れができますし、前回の借入を完済していなくても追加の借入も可能です。ただし限度額が設定されていて、その枠内であれば何度でも利用できるという但し書きが付きます。

審査による限度額設定

よくカードローンのホームページや宣伝を見てみると、「最大800万円まで」とか「1000万円まで借入可能」と書かれています。しかし誰もが800万円とか1000万円といったお金を借りられるわけではありませんよ。カードローンに申し込みすると、審査が実施されますね。この審査は融資の可否だけでなく、融資可能な場合、いくらまでなら融資できるかの判断も行っています。限度額を決める際には、どのような仕事をしていて収入がどのくらいか、他社の借入件数はどのくらいかなどを加味して判断します。

総量規制による制限も

消費者金融などの貸金業者の場合、総量規制に則った融資を実施しなければなりません。年収の1/3を上限として融資することで、例えば年収300万円の人はどんなに大きな融資枠をもらっても100万円がマックスなわけですね。

ちなみに融資限度枠が設定されて、「これでは少ない」と思う人もいるでしょう。その場合、何度かローンを利用してきちんと返済を繰り返して信用力を上げれば、増枠に対応してもらえる可能性もありますよ。