カードローンの借入が住宅ローンに影響するか?

Pocket

house-966346
マイホームを購入するにあたって、住宅ローンを組もうと思っている人は多いでしょうね。住宅ローンの融資を受けるためには、カードローン同様審査を受け、融資可能かどうかの判断をします。もしカードローンを利用したことのある人は、住宅ローンの審査に影響が出ると思った方が良いですよ。

住宅ローン審査で判断される物は?

まず住宅ローンの審査の中で、ローン返済比率が重視されます。これは年間の返済額が年収に対してどのくらい占めるかの割合をさします。一般的に住宅ローンの借入をして、その返済額を含めたローン総返済額の年収に占める割合が、20%以下になっていれば審査クリアできる可能性が高まりますよ。もしカードローンの借入が現在進行で残っている場合には、できるだけ返済してから申し込みをした方が住宅ローンの審査に受かる可能性が高まります。

現在カードローンを利用していない人で、そのままの状態になっている人はいませんか?実は借入がなくても契約が残っていると、「もしかするとまたカードローンを利用するかもしれない」と相手は考え、その契約限度額も考慮して融資の可否を判断します。過去にカードローンを数社契約してそのままにしていると、もしかするとそれが原因で住宅ローンの審査に影響が出るかもしれないんです。

もし今後カードローンを利用するつもりがないのなら、住宅ローンの申し込みをする前に解約しておきましょう。どのようなカードローン契約をしているかは信用情報に書かれていて、審査のときにすぐにわかってしまいますよ。