信販カードローンまとめ

Pocket

カードローンには銀行・消費者金融そして販売信用会社、つまり信販カードローンが存在しています。
この販売信用会社とはクレジットカードを扱う会社です。

クレジットカードとはVisaやMasterCard等のブランドで「後払い」や「つけ払い」といった分割払い機能を持った買い物でも税金の支払いでも使えるカードです。
このクレジットカードを扱うのが販売信用会社、信販の会社なわけです。

信販カードローンの金利は

信販カードローンの金利は基本的には銀行系より高いですが、消費者金融よりは低いという感じです。
つまり銀行<信販<消費者金融となっています。

信販カードローンの審査は

信販カードローンの審査の速度は早めです。
最短で1時間程度だったりといった感じで消費者金融と比べると同じか、ちょっと遅い程度です。
厳しさの方は消費者金融より少し厳しめです。

その他の特徴

信販は借りる事のできる限度額も消費者金融よりは多くなっている傾向があります。
しかし多くの場合、貸金業法の対象である為、総量規制という年収の1/3までの金額しか借入れ出来ません。
その為、借りる事の出来る限度額が高くとも、実際に年収の1/3がそれに達する事が出来る人はそれ程居ないかもしれません。

信販カードローンの一覧

オリックスVIPローン

oryx

限度額 実質年率 審査時間 年齢制限 保証人
800万 3.0~16.8% 最短当日 20~69歳 原則不要

オリックスVIPローンはオリックス・クレジット株式会社のサービスで金利がちょっと低めなカードローンです。
三井住友銀行やゆうちょ銀行などの特定のATM等からの返済なら手数料もかからないので、近所にそういったATMがあるのであれば便利に利用出来ます。
もちろん他のATMでも返済は出来ますが手数料がかかります。

また最短即日に借入れる事が出来るスピーディなカードローンでもあります。

他にも限度額が高額であっても、総量規制の対象なので限界まで借りようとしても年収の1/3までとなっています。
そこまで借りる事が出来る人は、あまり居ないかも知れないですね。

信販系カードローンの特徴

信販系カードローンは簡単に言えば消費者金融系と銀行系の間に位置する感じのカードローンです。
具体的には金利も審査の厳しさも消費者金融系と銀行系の間にあります。

そのような位置付けの信販系カードローンですが審査の早さや実際に借入れ出来るようになる時間の短さは最近の銀行系もかなり短くなっている所もあるので信販系の方が遅い場合もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする