みずほ銀行カードローン

Pocket

みずほ銀行カードローン

mizuho

限度額 実質年率 審査時間 年齢制限 保証人
1,000万 3.0~14.0% 最短即日 20~65歳 不要

みずほ銀行カードローンは、この名前からも分かるように、みずほ銀行が運営しているキャッシングサービスです。銀行系のサービスですので、いろいろなサービス体系がありますし、利息などがお得というメリットを持っています。また、みずほ銀行の口座を持っている人には、付加的なサービスがありますし、銀行サービスとの連携もありますので、使いやすいローン商品だと思います。特にみずほ銀行の顧客であるなら、おすすめできるキャッシングとなっています。

みずほ銀行カードローンとは

mizuho_toha

みずほ銀行カードローンは、資金力がある銀行が運営しているため、融資限度額が高いというのも大きな特徴となっています。1,000万円まで借りることができるため、いろいろな目的に適した商品と言えます。もちろん、総量規制の対象外プランですので、収入に関係なく借りられるというメリットが大きいと言えるでしょう。金利も他のキャッシングプランと比べて、低く設定されていますので、借りやすく返済が楽だというメリットがあります。融資としての根本がしっかりとしているプランですので、安心して利用できるのがうれしいですね。

さらに、申し込みが簡単で早い入金が可能となっているのも、みずほ銀行カードローンの特徴となっています。ホームページ上から24時間いつでもできますし、申し込みの時間によっては即日融資を行える態勢を整えていますので、すぐに借入が必要な方にもぴったりです。このように、みずほ銀行カードローンはいろいろな便利な特徴を持っていて、使いやすく返済が楽というメリットがあります。

みずほ銀行カードローンのおすすめポイント

mizuho_osusume

みずほ銀行カードローンは、融資プランとしてはとても優れていますので、いろいろな用途に利用することができます。まず、融資限度額が1,000万円と業界でも最高レベルにありますので、必要な資金を十分に手に入れることができます。また、金利が低く設定されているというのも、おすすめポイントです。借入金額によって変わりますが、4.0パーセントから14.0パーセントまでと定められていて、たくさんあるキャッシングローンの中でも低い利率です。こうしたことから、複数のローンをまとめる一括化のためにも優れていて、多重債務の苦しみをぐっと軽減することができるかと思います。

→24時間受け付け可能

急にお金が必要になった人にもおすすめできるのが、みずほ銀行カードローンのWEB申し込みです。24時間いつでも受け付けていますし、自宅のパソコンでも外出先でスマホを使った申し込みでも可能ですので、簡単にすぐ手続きを進められます。申し込み後の審査や入金手続きもスピーディーで、申し込みをした時間によってはその日のうちに入金が確認できます。こうしたメリットがありますので、気軽に利用できて、困った時の強い味方となってくれるでしょう。

さらに、みずほ銀行に口座を持っているのであれば、より簡単にキャッシングサービスを受けられるというのもポイントです。通常カードローンは専用のカードを受け取って、それで借入や返済を行うのですが、こちらの商品ではみずほ銀行のキャッシュカードがあれば、そのカードだけで処理ができます。何枚もカードを持つ必要がありませんので、身軽になれるのもうれしいところですね。

みずほ銀行カードローンの年率や借入限度額について

限度額 1,000万円
実質年率 3.0~14.0
返済プラン 残高スライド方式
1サイクルの最低支払金額 前月10日の利用残高
1万円以下
前月10日の利用残高
前月10日の利用残高
100万円以下
1万円
前月10日の利用残高
200万円以下
2万円
前月10日の利用残高
300万円以下
3万円
前月10日の利用残高
400万円以下
4万円
前月10日の利用残高
500万円以下
5万円
前月10日の利用残高
600万円以下
6万円
前月10日の利用残高
700万円以下
7万円
前月10日の利用残高
800万円以下
8万円
前月10日の利用残高
900万円以下
9万円
前月10日の利用残高
1000万円以下
10万円
前月10日の利用残高
1000万円超
11万円
増額返済 可能
総量規制 対象外

キャッシングローンは、世の中にたくさんの種類がありますので、それぞれの商品の特徴や優れている点、デメリットなどを把握した上で、自分に合ったものを選ばなくてはなりません。特に、金利についての情報を把握しておくことは重要です。金利が高いと、毎月の返済を頑張っていても、元金がなかなか減らずに、いつまで経っても完済に至らないということも起こりうるからです。みずほ銀行カードローンはその点、金利が低く設定されていますので、返済が比較的楽にできるというメリットを持っています。

→金利が低い

銀行系のキャッシングローンというだけあって、融資そのもののプランが優れているのがうれしいところで、年率は3.0パーセントから14.0パーセントに設定されています。多くの消費者金融は最高年率を17パーセント台に設定していますので、この金利の低さは魅力です。少額の融資でも高額の借入でも、お得な年率となっていますので、顧客思いのキャッシングローンかと思います。また、借入限度額が高く設定されているのもみずほ銀行カードローンの特徴です。なんと1,000万円まで融資を受けることができるのです。

しかも、借り換えローンにも対応していますので、他社の複数のローンをまとめて、より返済を効率よく進めていく大きな助けとなることでしょう。いろいろなローン商品があるなか、この借入限度額の高さと年率の低さは際立っていて、魅力的なサービスとなっています。みずほ銀行の顧客であれば、さらにいろいろな特典もありますので、有効活用できるでしょう。

みずほ銀行カードローンでの申し込みから借入までの流れ

mizuho_nagare

みずほ銀行カードローンの特徴の1つとして、申し込みの簡単さが挙げられるでしょう。ローンプランのホームページでも申し込みが可能になっています。申し込みページに入って必要事項を記入して、確認のためのボタンをクリックするだけです。しかも、みずほダイレクトを利用していたり、みずほ銀行で通帳を持っていて申し込み金額が200万円以下であれば、収入証明書はもちろんのこと、なんと運転免許証などの本人確認書類も不要ですので、ネットショッピングをするような感覚で融資申し込みができます。この楽さは、みずほ銀行カードローンならではのメリットでしょう。

→高速審査

そして、審査が早いのもこのみずほ銀行カードローンの良いところです。早い時間帯に手続きを済ませてしまえば、その日のうちに入金を確認できますので、すぐにお金が必要だという人の頼もしい助けとなります。しかも、みずほ銀行で口座を作っている人であれば、審査もよりスピーディーになりますし、入金確認も早いのでより気軽にキャッシングを始められます。

→みずほ銀行のカード

キャッシングサービスを利用するためには、専用のカードが必要となるのが一般的な消費者金融の特徴です。しかし、このプランは、銀行系のローンという強みがありますので、みずほ銀行のキャッシュカードがあれば、キャッシングも同時に使えるのです。消費者金融のカードを持っていると、借金をしていることが周りにバレることがありますし、何枚もカードを持っているのは面倒ですので、利用者にとってとてもうれしいサービスですね。

みずほ銀行カードローンを利用するに当たっての必要書類や連帯保証人について


本人確認書類
運転免許証
運転経歴証明書
パスポート
各種健康保険証
印鑑証明書
住民票
住民基本台帳カード
在留カード
特別永住者証明書
外国人登録証明書
200万円を超えるなら収入証明書 源泉徴収票
住民税決定通知書
課税証明書
納税証明書

連帯保証人、担保は不要です。

消費者金融を利用するには、いくつもの書類が必要になるというイメージを持っている方がいます。確かに、借入金が多い、返済能力に不安な点があるなどの場合は、いろいろな書類を用意しなくてはなりませんが、たいていのキャッシングサービスでは簡単な書類のみで利用が可能になっています。みずほ銀行カードローンでは、さらにその便利さが増していて、気軽にローンを受けることができます。

というのも、みずほダイレクトの利用者、または手元に通帳を用意できていて申し込み金額が200万円以下であれば、書類は一切いらないという徹底した利便性を実現しているからです。ほとんどの消費者金融では、源泉徴収票や所得証明書などの収入証明書は金額によって不要であるものの、申し込み者の自宅や本名をチェックするため運転免許証を始めとする本人確認書類を求めています。しかし、みずほ銀行カードローンではそれすら不要であるということですから、その便利さがはっきりと分かりますね。書類がいらない分、余計な手間がかかりませんので、より楽に、そして早く申し込みを済ませることができます。

→保証人は不要

こうした簡単な手続きが売りのプランですから、当然連帯保証人も不要です。保証人を設定するというのは、結構大変なことですから、この条件はうれしいですね。万が一支払いができない場合には、代わりの保証会社が債務を持つことになります。もちろん、返済に遅れが生じないように、しっかりと返済プランを立てて実行するのが大切なのは言うまでもありません。

みずほ銀行カードローンの審査方法や審査時間について

最短審査時間 最短即日
年齢制限 20~65歳
連帯保証人 原則不要
担保 不要
総量規制 対象外

みずほ銀行カードローンを利用するに当たっては、いくつかの条件が設けられています。たとえば、20歳以上66歳未満という年齢制限があります。また、安定した収入があるということが条件となっていますが、サラリーマンであることは求められていませんので、パートタイマーやアルバイトでも問題ありません。また、主婦であっても配偶者に収入があれば大丈夫ですので、より多くの方が融資を利用できるようになっています。

→すでに銀行口座を持っていれば手間がかからない

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行で口座を作ることが条件となっていますので、その際に確認書類が必要となってきます。しかし、すでに銀行口座を持っていれば運転免許証などの本人確認書類は必要ありませんので、審査がスピーディーに進んでいきます。その分、審査方法もシンプルになり、より早く融資が実行できるというのがメリットでしょう。200万円以下の融資であれば、収入証明書類も不要となっていて、返済能力のチェックも効率的に行われます。信用情報機構への返済履歴の照会などは基本の審査方法として行われるもので、重要なステップとなっています。

このように、効率の良い審査方法を採っていますので、審査時間を短縮できるというのも魅力です。申し込みを早い時間に済ませてしまえば、その日のうちに入金確認が口座で行えます。審査時間がかなり短いので、結果がすぐに分かって精神的なストレスも軽減されますね。急にお金がいるときがありますので、困った時の大きな助けとなります。

→2つのプラン

また200万円以上を借りるのであればエグゼクティブプランとコンフォートプランの2つのプランが存在しています。これは、みずほ銀行が審査して決定するので返済のスケジュールは2つ立てておく必要があるかも知れません。

みずほ銀行カードローンでの返済方法・返済期間について

エグゼクティブプラン
利用限度額 基準金利 引き下げ適用後の金利
200万円以上
300万円未満
年7.0% 年6.5%
300万円以上
400万円未満
年6.0% 年5.5%
400万円以上
500万円未満
年5.5% 年5.0%
500万円以上
600万円未満
年5.0% 年4.5%
600万円以上
800万円未満
年4.5% 年4.0%
800万円以上
1000万円以下
年3.5% 年3.0%
コンフォートプラン
利用限度額 基準金利 引き下げ適用後の金利
10万円以上
100万円未満
年14.0% 年13.5%
100万円以上
200万円未満
年12.0% 年11.5%
200万円以上
300万円未満
年9.0% 年8.5%
300万円以上
400万円未満
年7.0% 年6.5%
400万円以上
500万円未満
年6.0% 年5.5%
400万円以上
500万円未満
年5.0% 年4.5%
600万円以上
800万円未満
年4.5% 年4.0%
800万円以上
1000万円以下
年4.0% 年3.5%

みずほ銀行で住宅ローンを利用していると特典として「引き下げ適用後の金利」にする事ができます。

みずほ銀行カードローンの返済方法としては、3つの方法が挙げられます。基本的には、銀行口座からの引き落としとなっています。口座にしっかりと支払い分を残しておけば、毎月確実に返済がなされていきますので、確実な返済が可能になります。また、任意返済も可能で、全国にある提携ATMから入金することができます。任意返済をすることで、返済期間を短縮することができますので、積極的に活用したいものです。そして、みずほダイレクトを利用しているのであれば、インターネットバンキングを利用した返済も可能になっています。効率がよく便利な返済ができますので、とても楽ですね。

→残高により変動する返済額

返済の方式としては、一般的に残高スライド式リボルビング払いと呼ばれるものを採用しています。元金と利息を合わせた残高の額によって返済額が減っていくというもので、毎月額が決まっています。返済期間が長くなってしまうというデメリットもありますが、楽にゆとりを持って返済を続けていけますので、無理のない完済が可能です。また、任意返済を臨時収入があった時に行っていくことで、完済に早く至ることができますので、上手に支払いをしたいところです。

返済期間はこの返済方式を採用しているため、融資額によって大きく異なります。借入申し込みの際に、通常通り返済を進めていくと返済期間がどのくらいになるかが通知されますので、しっかりと確認しましょう。この通知に基づいて返済プランを立てて、確実にお金を返していくようにしましょう。

みずほ銀行カードローンに向いている方とは

mizuho_muke

→低金利・高限度

たくさんのメリットがあるみずほ銀行カードローンは、多くの人が気軽に利用できるサービスとなっています。特に、金利の年率が低いのが大きなメリットとなっています。借り換えローンにもってこいのキャッシングサービスとして使うことができ、他社でいくつものローンを利用している人は、より安い金利で返済を進めることができます。しかも、融資限度額が1,000万円と高額で、総量規制にもかからない銀行系のローンですので、一気に負債をまとめることができます。多重債務があると、利息が高くなってしまったり、返済日付がバラバラで効率が悪くなる傾向がありますので、返済を楽にするのにとても方法だと思います。

→すでにみずほ銀行を利用しているなら便利

また、申し込みの手続きがとても簡単で迅速なのもうれしいポイントです。みずほ銀行の口座をすでに持っているのであれば、本人確認書類もいらないという気軽さがあり、ストレスなく手続きを進めていけます。申し込みを一日の早い時間に行えば、その日のうちに口座に振り込みがなされますので、すぐに借入金を利用することができます。急にお金が必要になることも事情によっては生じますので、こうした迅速な対応は大変助かりますね。

みずほ銀行カードローンは、サービスの名称からも分かるように、みずほ銀行が運営しているので、この銀行口座を普段から利用しているのであれば、かなり使いやすいプランでしょう。キャッシング用のカードを作る必要もなく、キャッシュカードのみでキャッシングローンを利用することができます。口座からの自動引き落としなど、連携がしっかりと取れていますので、銀行利用者に向いていると言えるでしょう。

みずほ銀行カードローンのメリットとデメリットのまとめ

mizuho_meritto

→メリット 低金利で限度額も高い

みずほ銀行カードローンは、銀行系のキャッシングローンということもあって、他の消費者金融とは違う特徴を持っています。いくつものメリットがありますので、上手に活用したいものです。一番のメリットは、やはり金利が低いということでしょう。年率では3.0パーセントから14.0パーセントとなっていますので、他社のキャッシングプランと比べてもお得にローンを利用できます。それだけ、返済期間を短くできますしトータルでの利息も少なくなりますので利用者にはとてもうれしいですね。

そして、限度額が高いというのも大きなメリットとなります。最高で1,000万円まで借入ができますし、借り換えローンにも対応していますので、複数のローンを一括化するのに適しています。多重債務に苦しんでいるのであれば、利率も低いですし、総量規制に引っかからないので、大きな助けとなるかと思います。いくつものローンを抱えているのであれば、一度みずほ銀行カードローンでの借り換えを検討して、返済のシミュレーションをしてみると良いでしょう。

→デメリット みずほ銀行に口座がないと面倒

デメリットとして挙げることができるのは、みずほ銀行に銀行口座を作らなくてはならないということでしょう。もちろん口座を作ることでいろいろな特典がありますので、総合的に考えると大きな問題とはならないと思います。また、借入はATMからが基本となっていて、利用する際に手数料がかかるというのもデメリットと言えるでしょう。

→まとめ

みずほ銀行カードローンは金利が低いのが特徴です。しかも、みずほ銀行で住宅ローンを利用していると特典としてさらに金利が引き下げる事ができます。
他にもみずほ銀行に銀行口座をもっていならば200万円以下なら書類の準備をしなくても借りる事ができますのでみずほ銀行を利用しているのならおすすめかも知れません。
しかし200万円以上を借りるのであればエグゼクティブプランコンフォートプランの2つのプランが存在しています。これは、こちらからどちらかを選んで申し込む事はできず、みずほ銀行が決定するので返済の予定は2つで立てる必要があるかも知れません。

みずほ銀行カードローン

mizuho

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする