キャッシングを税金支払いに使うのはどう?

Pocket

taxes-646512

日本国民は基本的人権など、さまざまな権利が保障されています。その一方で私たちが果たすべき義務もいくつかあって、その中の一つに納税がありますね。私たちはいろいろな名目で税金を支払います。所得税や住民税、自動車を保有している人は自動車税や自動車重量税、マイホームを持っている人は固定資産税といった感じです。税金を支払えればいいのですが、お金を準備できないというケースもあるでしょう。その場合には、キャッシングによる借り入れも一考に値しますよ。

税金支払いは延滞すると余計にお金がかかる

というのも期日までに納税できないと、延滞税がついてしまうからです。延滞税はどのくらい未納税期間があるかによって、利率が変わります。もし2か月以内であれば年利7.3%、それ以上未納付であれば14.6%の延滞税が別途でかかります。

まず14.6%の延滞税がかかってしまう場合、これよりも低い年利で融資してくれるキャッシングもたくさんあります。たとえば銀行カードローンの場合、上限金利でも13~14%台で貸し出してくれる商品はいくつもあります。金利が低ければ、それだけ負担するコストも少なくできます。

2か月以内にお金を支払えるのであれば、7.3%のキャッシングはそう多くないですから、そのままペナルティを支払っても良いと思うかもしれませんね。しかしアコムやプロミス、レイクなどでは無利息キャッシングと呼ばれるサービスを実施しています。期間内に返済できれば、一切利息を支払う必要がありません。7.3%の延滞税を支払うよりもお得ですよね。