カードローンの審査で在籍確認なしにできる?

Pocket

chess-616836
カードローンの審査でほぼ確実に行われるのは、勤務実態があるかどうかの在籍確認です。

相手にカードローンの審査とわからないように電話をかけてくれますが、それでも不安な人もいるでしょう。技術職などをしているとそもそも会社に自分宛の電話がかかってこないので不自然というケースもあります。

そのような場合、在籍確認なしでカードローンの審査を受けられないかと思うでしょうが、実はできる場合もあるんです。

在籍確認は電話以外でも確認も出来る?

カードローン会社が在籍確認をするのは、その会社で確かに勤務しているかどうかチェックするためです。つまりほかの方法で確かに申込書に記載されている勤務先で仕事をしていることが証明できれば、電話による確認をする必要がなくなります。

では具体的にどのような方法で、在籍を証明できるでしょうか?

たとえば本人確認として健康保険証を提出する方法があります。

どこかの会社に勤務していれば国民健康保険証ではなく、会社もしくは業界の作っている健康組合に加盟しているはずです。国民健康保険ではない健康保険証を提示すれば、会社で勤務していることの証明になります。
その他にも社員証や直近の給与明細を提示することで、勤務実態を証明する手法があります。

ただし顔写真がない書類を提出する場合は、これ以外にも住民票や納税証明書等の他の書類が必要になる所もあるので確認が必要です。

在籍確認なしでカードローンの手続きを進めてくれる所は、大手でもありますよ。

たとえば在籍している勤務先の保険証や直近の給与明細を提出すれば、電話による在籍確認なしで、審査手続きをしてくれます。オペレーターにその旨を伝えれば、その通りにしてくれる場所もあります。