収入証明書とは何ですか?

Pocket

stapler-1016310

収入証明書は文字通り、あなたの収入がいくらあるかを証明するための書類です。具体的にどのような書類を準備するかですが、仕事の仕方により異なります。公務員やサラリーマンといった給与所得者の場合、会社で発行されている源泉徴収票や給与明細が収入証明書になります。会社の担当部署で手続きをおこなえば、発行されるでしょう。

源泉徴収票や給与明細のない職業なら

自営業者やフリーランスの場合、毎年確定申告の手続きをしていますね。この確定申告書類の写しが、収入証明書になります。その他にも納税証明書を税務署で手続きをすれば交付されますが、これも収入証明書として活用できます。収入証明書が必要になるのは、一定以上の借入希望を出した場合です。

消費者金融や信販会社の場合、初回借入希望額が50万円を超える場合には収入証明書の提出が義務付けられます。これは貸金業法で指定されていることです。その他にはほかにも借入先があって、今回の借入を含めるとトータルで借入額が100万円を超える場合にも収入証明書を提出しないといけません。

収入証明書が無くても

ただし銀行カードローンの場合、貸金業者ではないため、貸金業法の規制を受けません。このため、50万円を超える借り入れ希望でも収入証明書なしでも手続きできるところはあります。例えば三菱東京UFJカードローンの場合、100万円までであれば収入証明書の提出は必要ありません。オリックス銀行に至っては、300万円までの借入であれば、収入証明書なしでも申し込み手続きできますよ。