総量規制とはなんでしょうか?

Pocket

kitchen-716118

総量規制とは貸金業法の中にあるルールのことで、借り入れをするに当たって年収の1/3を超えて融資できないシステムをさします。つまり年収300万円の人は、100万円を超える借り入れはできませんね。ちなみに皆さんがどの程度借入額があるかは、信用情報をチェックすれば簡単にわかります。

総量規制が作られたのは

総量規制が設けられるようになった背景には、多重債務の問題があります。カードローンで借り入れをして返済できなくなると、その返済するお金を調達するためにほかの所で借り入れをするケースも出てきますね。どんどん借入先を増やすといずれまともな所から借り入れできなくなり、結局ヤミ金に手を出してしまうパターンがしばしば見られます。このような自転車操業は早晩破綻してしまいます。そこで借り入れの上限を制限して、自分の身の丈をはるかに超える借金ができないようになりました。

総量規制にはその他にも、借り入れ希望額が50万円を超える場合や他社借入があって、今回の借入で100万円を超える場合には収入を証明する書類の提出が義務付けられます。サラリーマンの場合、給与明細や源泉徴収票、自営業者やフリーランスは確定申告の写しや納税証明書が収入証明書になります。

総量規制が適応されるのは

ちなみにこの総量規制ですが、貸金業法の中にあるルールです。ですから銀行カードローンは、この総量規制は適用されません。つまり年収の1/3を超える貸し付けも条件次第では行ってくれます。また専業主婦は個人の収入がゼロのため、貸金業者ではまず貸付を実施していませんが銀行カードローンであれば借り入れが可能かもしれませんよ。