カードローンの審査基準を知っておこう

Pocket

horizontal-930716
カードローンに申し込みすると、審査が実施され、融資できるかどうかを判断します。審査に関しては各カードローン会社それぞれで基準を設けています。ですから同じ人でもある所では審査に落ちて、ある所では審査に受かるといったことが起こりえます。審査基準は公表されていませんが、簡単に言ってしまうと「貸したお金を返してくれるかどうか」のチェックだと思ってくださいね。

安定した収入を得ているかが重要

お金を返せるかどうかは、その人がどんな仕事で収入を得ているかが重要なポイントになりますよ。収入が多いかどうかというよりも、安定して継続的に収入を得ているかどうかがチェックされます。このため、最強のスペックは公務員ですね。公務員は勤務先がつぶれることはまずありませんし、労働組合も強いのでよほどのことがないとクビになりません。次いで有名な大企業のサラリーマン、中小企業のサラリーマン、自営業者、フリーター、パートタイマーの順で信用が下がっていきますね。

実績も大事

もう一つ、過去にローンやカードの支払いでトラブルになったことはないかも重要なポイントになりますよ。支払いのトラブルに関しては、信用情報にすべて書かれていますのでこれを確認すればわかります。支払いの延滞があったとか、債務整理の事実があれば、借り入れはかなり厳しくなると思ってくださいね。また信用情報には、他の借入状況も書かれています。借入先があまりに多いと、貸してもこちらにまでお金が回ってこないと判断され、融資を断られる可能性も高まりますよ。