カードローンの年率に幅があるのは何故?

Pocket

measure-289399

カードローンのホームページやパンフレットを見てみると、金利が「○○%~○○%」のように利率に幅を持たせていますね。この理由は、借入限度額の幅の広いことが関係しているんです。最近のカードローンは、数百万円の融資にも対応しているものが多いです。銀行カードローンになると、800万円とか1000万円といったかなり多額の融資をしているところもありますね。

利息のルールは?

利息は元金に対して一定の割合でかけられます。もし少額でも多額でも同じような割合にしてしまうと、明らかにまとまった資金を借り入れた方が利息の負担が格段に大きくなってしまいますよね。利息の支払いが大変で返済に支障をきたすようであれば、カードローンも経営に影響が出てしまいます。そこで多額の融資をする場合には、低金利にして返済の負担をかけないように工夫する必要があります。

また金利を設定するにあたって、利息制限法を意識する必要があります。利息制限法では100万円までは18%、それを超えると15%の年利を上限としないといけません。このような事情もあって、ある程度の幅で金利設定する必要があるわけなんです。

利息の幅の中で実際に適応されるのは?

カードローンで始めて借り入れを行う場合、下限金利の適用されることはほぼないですね。たいていが上限金利になりますから、金利を比較するときには下限金利を比較するのは意味がないんです。上限金利を見て、比較的低金利のカードローンで借り入れをした方が利息の支払いを少なくできますよ。