カードローンの金利は高いのでは?

Pocket

weight-plates-299537

カードローンの金利を見てみると、会社によって異なりますが上限金利で見た場合10~18%といったところでしょうか?住宅ローンは1~2%の金利に設定されているので、10倍近いカードローンはかなり高利の印象があるかもしれませんね。でもこれは、借り入れ方法が異なるのである意味当然のことといえます。

借り入れ方法の違いとは?

住宅ローンの場合には、マイホームを担保に借り入れをします。もし返済ができなくなるようなことになれば、住宅を差し押さえてしまってそれを売却することで、債権回収できます。カードローンの場合、担保や保証人が一切ありません。借りる人を信用して貸し出しをするため、リスクが高いです。そこで債権の焦げ付きを回避するためにも、金利を高くして利息を多くもらおうというわけです。

ただしカードローンの金利ですが決して高くはありません。なぜなら、カードローンの利息は日割りで計算されるからです。先ほど紹介した金利は年利と言って、1年後に返済した場合にかかる利息割合を示しています。つまりできるだけ早めに返済できれば、利息の支払い負担も軽減されます。数万円を数日程度なら、数十円くらいの利息です。それほど返済に負担のかかる金額とは言えませんよね。

期間内であれば利息無しも

その他にも一部カードローン会社の中には、無利息サービスを実施しているところもあります。決められた期間内で完済することができれば、一切利息のかからないサービスです。このようなサービスもうまく利用すれば、利息の負担も最小限に抑えられますよ。