借金返済の金利を確定申告で控除にできるか?

Pocket

money-505498

自営業者やフリーランスの方は、確定申告を毎年行っていますね。確定申告では年間に稼いだ報酬や利益から、事業をするために必要な経費を差し引いた額を算出し、それに一定の税率をかけて税額を決めます。節税をするために、必要経費として計上できるものはないか、いろいろと頭を悩ませている人もいるでしょうね。

用途によってはあり?

たとえばカードローンを利用して、その借金返済のために金利を負担したとします。この利息分を必要経費として計上できないかどうかと考える人もいるみたいですね。利息に関して、一部経費として申告できます。ただしそれには条件があって、事業に必要なお金の借入であって、その借金返済のために利息支払いをしたのであれば、申告しても問題ありません。

しかしあくまでも生活費など、個人的な用途で借り入れをした場合、この利息は必要経費とは言えません。この場合、利息を確定申告のときに申請しても控除対象にはなりません。カードローンの場合、事業性資金としての利用を禁止しているところがほとんどです。ですから控除はかなり難しいでしょう。事業者ローンの借入であれば、利息の控除が認められるかもしれませんよ。

他には住宅ローンの返済をしている人は、借入額に応じて一定額所得から控除される住宅ローン減税が活用できます。税金と必要経費の関係ですが、認められるかどうか判断が分かれるケースもしばしば見られますね。心配であれば税理士などに相談をして、アドバイスしてもらった方が良いかもしれませんよ。