カードローンの過払い金の基礎知識

Pocket

offering-427297

「過払い金を取り戻しませんか?」法律事務所のコマーシャルを耳にしたことはありませんか?実は昔カードローンを利用した人で、利息を余計に支払う過払い金の発生している可能性のあるケースが少なからず見られます。なぜ過払い金が発生するかというと、昔グレーゾーン金利がまかり通っていたからなんです。

そもそもグレーゾーン金利とは

金利に関する法律は2種類ありました。最高金利20%の利息制限法と29.2%が上限の出資法です。利息制限法には罰則規定がなく、出資法には罰則規定があります。そこで利息制限法以上出資法未満の金利で利息の取り立てを行っていたカードローン会社は結構多かったんです。皆さんがコマーシャルで見聞きしたことのある有名な大手もグレーゾーン金利を行っていたくらいです。

もし利息制限法を超える利息で返済をして過払い金があれば、債権者側に返済を求めることが可能です。ただし本当に過払い金があるのか、利息制限法に基づき利息の引き直し計算をする必要があります。また返済履歴の記録なども完ぺきに残している個人は少ないでしょうから、弁護士や司法書士にお願いして、過払い金返還請求をするのが一般的ですね。

過払い金返還請求は何時まで有効?

過払い金の返還請求権ですが、一定期間経過してしまうと失効してしまいます。請求権には時効があって、最後の取引、すなわち返済をしてから10年以上経過してしまうと請求できなくなります。心当たりのある人は弁護士や司法書士に相談して、まず過払い金が発生しているかどうか確認してもらうと良いですね。