信用情報機関のJICCとはなんでしょうか?

Pocket

book-520626

カードローンやクレジットカードの新規申し込みをすると、審査がおこなわれます。その中で重視されるのは、クレジットカードやローンの支払いで過去トラブルを起こしたことはないかという点です。返済を滞納したとか、債務整理で返済すべき金額を全額返さなかったといったトラブルを起こしたことのある人に、融資したくないですよね。このような過去の支払い状況に関する情報を管理している、個人信用情報機関がいくつかあります。ご質問のJICCも、その中の一つですね。

JICCとは

JICCは正式名称を、日本信用情報機構っていいます。消費者信用産業の健全な発展と消費者の信用力を支えることを目的として創立された株式会社です。消費者金融業者が中心となって、加盟していますね。ちなみにその他にも一部金融機関や携帯キャリアも加盟しているみたいですよ。JICCには、クレジットやローンの契約内容な返済状況、取引事実などが記録されています。債務整理や数か月以上にわたる延滞は金融事故として記録が残ります。この情報は5年間そのまま残り続けます。金融事故情報のある人に、一般的なカードローン会社は融資しません。つまり債務整理や悪質な延滞をすれば、5年間クレジットカードを作ることもローンを組むこともできなくなると思いましょう。

JICCに加盟していないカードローン会社もあるかもしれません。ただし主要な信用情報機関は、重要な情報の共有を行っています。ですから延滞などの問題のある情報は、どのカードローンに申し込んでも判明すると思った方が良いですよ。