カードローンでよく見る保証会社とは?

Pocket

credit-cards-185069

カードローンの審査基準の中で、「所定の保証会社の保証を受けられる人」と書かれていることがたびたびあります。これはもしカードローンの返済を借り入れた当人ができなくなったら、保証会社が肩代わりしてくれることを意味しています。銀行カードローンの場合、消費者金融がこの保証会社を担当することが多いですね。

保証会社は何をする?

銀行カードローンとしてみれば、もし債務者から返済が受けられなくなったとしても、保証会社が代わりに返済してくれます。つまり債権の焦げ付きが生まれなくなり、安定したサービス提供ができます。ここで中には「ローンの返済ができなければ保証会社が肩代わりしてくれるわけで、自分は返済する必要がない」と思ってしまう人もいるかもしれません。しかしそんなことはなく、催促される相手が銀行カードローンではなく保証会社の消費者金融に変わるだけです。決して代わりに保証会社が返済してくれたからと言って、自分の返済義務がなくなるわけではありませんよ。

保証会社の役目は?

銀行が個人向けの融資を本格的に実施し始めたのは、最近のことです。このため、個人向け貸付に関してのノウハウをそれほど持っているわけではありません。そこで消費者金融の力を借りている感じですかね。消費者金融は審査から取り立てまで、個人向け融資のノウハウが豊富にあります。保証会社が審査を行って、代わりに返済した後は債務者の取り立てを行う、ある程度消費者金融に丸投げできるところは、銀行にとってはメリットもあるんです。