銀行系カードローンの特徴とは

Pocket

bank-820160
カードローンは、どこが運営しているかによっていくつかの系統に分類できます。銀行系カードローンとは、銀行やその子会社が母体となって運営しているサービスをさします。厳密にいうと大手消費者金融は銀行の傘下に入っていることが多く、銀行系カードローンと言えなくもありません。しかしこのような消費者金融は消費者金融系カードローンの方に分類されることが多いですね。

銀行系カードローンの特徴とは

銀行系カードローンは、初めてカードローンを利用する人がよく申し込みます。消費者金融と言われると昔のサラ金のイメージを持つ人もいるようですね。でも銀行が提供しているローンであれば、安心できると考える人が多いです。またほかのカードローンと比較すると、金利を低めに設定しています。このため、利息の支払い負担が軽減できます。

貸金業者は総量規制と言って、年収の1/3を超えて貸し出すことはできません。しかし銀行は貸金業者ではないため、総量規制の影響を受けない所もポイントですね。専業主婦で自分の所得のない人でも、旦那さんに稼ぎがあれば融資を受けられます。消費者金融系の場合、せいぜい借入限度額は500万円を上限としている商品がほとんどです。しかし銀行系カードローンを見ると、800万円とか1000万円まで貸し出し可能な商品もあって、規模も大きいです。

低金利ということで、信用力の置ける人に限定して融資をする傾向があります。このため、他のカードローンと比較すると審査がやや厳しくなるかもしれませんね。