カードローンがクレジットカードの審査に影響が出るか?

Pocket

a1180_000917_m
クレジットカードに申し込みを行うと、カードを発行しても良いかどうかの審査が実施されます。この審査の中で、カードローン利用履歴があれば、信用情報を見るとわかってしまいます。しかしカードローンを利用したことがあるだけで、クレジットカードの審査に落とされるなんてことはないでしょう。ただしカードローンの使い方次第では、審査の結果に影響が出るかもしれませんよ。

クレジットカードの審査が厳しいのは

まずカードローンを現在利用している人の中には、クレジットカードの審査で落とされる可能性のあるケースも出てきます。特に借入件数や借入額の多い人は、審査は厳しいと思いましょう。いろいろな所に借り入れがあれば、そちらの返済にお金を回されてしまって、自分たちの代金を支払ってくれないのではないか、と思われてしまうからです。

さらに難しいケースは

また過去に返済を巡るトラブルがあれば、そのことは信用情報に記載されています。1回くらい延滞があったくらいであれば、「うっかりミスかな」ということで審査にさして影響はないかもしれません。しかし何度も延滞があると、「この人はお金にルーズだ」と判断されてしまい、審査で落とされる可能性が出てきますよ。

特にブラックリストと言われる事故情報、具体的には長期にわたる延滞があるとか債務整理をしたことのある人はまず間違いなくクレジットカードの審査は落とされると思った方が良いですね。7年くらい事故情報は載りますから、この間は現金決済でやり繰りすることを覚悟しましょう。